長良川鵜飼

1300年の歴史を有する古典漁法

長良川鵜飼

鵜飼とは、ウミウ(海鵜)を操って鮎を獲る古典漁法です。岐阜長良川の鵜飼は1300年もの歴史があり、その主役となる鵜匠は、織田信長や徳川家康など時の権力者に保護され、現在は日本で唯一宮内庁の所属となっています。シーズンは例年5月11日から10月15日で、かがり火が燃えさかる中、伝統装束に身を包んだ鵜匠が「ほうほう」と声をかけながら鵜を操る様は実に幻想的。クライマックスは6隻の鵜船が横隊になり、浅瀬に鮎を追い込む「総がらみ」で、見応えたっぷりです。鵜飼観覧船の乗り場は岐阜市湊町や関市小瀬にあり、鵜飼を見ながら食事を楽しむこともできます。

アクセス JR東海道本線岐阜駅または名鉄岐阜駅から岐阜バスで「長良橋」下車、鵜飼観覧船のりばへ徒歩約1分

近隣のスポット

関ヶ原古戦場

養老の滝

関鍛冶伝承館

奥飛騨温泉郷

Copyright (C) Central Japan Tourism Association All Rights Reserved.