浜松城

天下人家康の“出世城”

浜松城

徳川家康が築いた浜松城は、家康の天下統一への足がかりとなった「出世城」です。家康は、武田信玄の駿河侵攻に備えて1570年に浜松城を築城。29歳から45歳までの実に17年間を過ごし、数々の合戦に出陣しました。家康の後も25代続いた城主の中に幕府の要職に就いた者が多かったため、「出世城」とも呼ばれています。野面積みの石垣は、家康が築いた400年前の当時のものが残っています。天守閣内部では、家康が着用したとされる武具や、城の歴史を紹介した映像、パネル、模型などを展示しています。

所在地 静岡県浜松市中区元城町100-2
アクセス JR東海道本線浜松駅下車、バスターミナル(1)(13)のりばからすべてのバスで「市役所前停」下車、徒歩約1分
詳しくはこちら
http://www.hamamatsu-navi.jp/shiro/

近隣のスポット

湖北五山 方広寺

湖北五山 方広寺

はままつフラワーパーク

はままつフラワーパーク

浜名湖

浜名湖

浜松市楽器博物館

浜松市楽器博物館

Copyright (C) Central Japan Tourism Association All Rights Reserved.