瑞龍寺

国宝

瑞龍寺

壮大な伽藍配置様式の豪壮にして典雅な美しさに圧倒されます。加賀藩百二十万石の財力を如実に示す江戸初期の典型的な建造物です。高岡の開祖前田利長の菩提寺、曹洞宗の名刹です。3代藩主前田利常の建立で、1997年に山門、仏殿、法堂が建造物として国宝に指定されています。また総門、禅堂、大庫裏、大茶堂、回廊三棟が重要文化財として指定されており、江戸初期の禅宗寺院建築として高く評価されています。国宝瑞龍寺の素晴らしさを堪能しましょう。

所在地 富山県高岡市関本町35
アクセス JR北陸本線高岡駅から徒歩10分

近隣のスポット

黒部ダム

立山黒部アルペンルート

立山黒部アルペンルート

黒部峡谷鉄道

黒部峡谷鉄道

五箇山合掌造り

五箇山合掌造り

Copyright (C) Central Japan Tourism Association All Rights Reserved.