旧東海道散策

広重の浮世絵の世界を歩く

旧東海道散策

安藤広重の浮世絵でも有名な東海道は、近世日本の江戸(東京)と京都を結んだ古い街道です。宿や荷物輸送の人馬を備えた53の宿場町があり、このうち、静岡市内には蒲原宿・由比宿・興津宿・江尻宿・府中宿・丸子宿の6つの宿場町と、薩蝓オ峠・宇津ノ谷峠の2つの峠があります。蒲原宿では国登録有形文化財の旅籠や本陣跡、由比宿では東海道広重美術館を併設した本陣公園や由比宿交流館というように、見どころも多く、丸子宿では、広重にも描かれた1596年創業の老舗・丁子屋で、昔と変わらない名物「とろろ汁」をいただくことができ、旅人気分で歩いて楽しむ街道散策がおすすめです。

近隣のスポット

東海道広重美術館

駿府公園

駿府公園

三保の松原

三保の松原

国宝久能山東照宮

国宝久能山東照宮

Copyright (C) Central Japan Tourism Association All Rights Reserved.