名古屋市科学館

大型展示で科学の面白さを体感

名古屋市科学館

2011年のリニューアルオープンで、世界最大級の内径35メートルを誇るプラネタリウムドーム「ブラザーアース」が登場し、ドームの球体を強調した外観がお目見えした名古屋市科学館。館内は、生命館・天文舘・理工館の各フロアで構成され、多彩な投影テーマのプラネタリウムをはじめ、雲・雨・川・海の水の性質を実験する「水の広場」、マイナス30度の部屋でオーロラ映像を楽しむ「極寒ラボ」、高さ9メートルの人工竜巻を起こす「竜巻ラボ」など、エンターテイメント性豊かな4つの大型展示を備え、科学の面白さを体感させてくれます。

所在地 名古屋市中区栄二丁目17番1号 白川公園内
アクセス 名古屋市営地下鉄東山線・鶴舞線「伏見」駅下車、5番出口から南へ徒歩約5分
市バス「広小路伏見」下車、南へ徒歩約5分
名鉄バス「白川公園前」下車、北へ徒歩約5分

近隣のスポット

名古屋城

名古屋城

栄ショッピング

栄ショッピング

トヨタテクノミュージアム 産業技術記念館

トヨタテクノミュージアム 産業技術記念館

大須商店街

大須商店街

Copyright (C) Central Japan Tourism Association All Rights Reserved.