煎茶

日本を代表するお茶の産地

煎茶

静岡といえば日本茶ということで、外国人旅行客の方のお土産として人気ナンバーワンになっている煎茶。日本茶は製造方法の違いで種類が分かれ、煎茶は、柔らかな新芽を蒸して新鮮な緑色を保ったお茶で、最近は蒸す時間を長くした[深蒸し煎茶]がまろやかな味と、健康に良いといわれて人気です。どちらも日本茶らしいみずみずしい香りと旨みが楽しめるお茶です。静岡県は、茶畑の面積、お茶の生産量ともに国内トップを誇り、県内産茶葉100パーセントの「静岡茶」や地域ブランドとして販売しており、一年を通して手軽に買い求めることができます。

近隣のスポット

海鮮料理

海鮮料理

すし

すし

うなぎ

うなぎ

菓子

菓子

Copyright (C) Central Japan Tourism Association All Rights Reserved.