安倍川餅

家康公が命名したと言われる名物餅

安倍川餅

きな粉をまぶした一口大のお餅に砂糖がかかった静岡銘菓です。近世、江戸時代初期からすでに安倍川畔で売られており、ここへ立ち寄った徳川家康公に餅を献上した際、きな粉を上流で取れる砂金にたとえて「安倍川の金な粉餅」と称したところ、家康公が大変喜び、「安倍川餅とせよ」と改めて命名されたと言われます。旧東海道の安倍川橋のたもとには3軒の安倍川餅屋があり、昔風に作り立ての餅とお茶をいただける店もあります。また、静岡市が自慢の一品に認証する「しずおか葵プレミアム」商品の「プレミアム安倍川餅」は桐箱入りで少し贅沢なお土産におススメです。

近隣のスポット

静岡おでん

静岡おでん

すし

すし

桜えび

桜えび

地酒

地酒

Copyright (C) Central Japan Tourism Association All Rights Reserved.