あわび

今も伊勢神宮に奉納される

あわび

結婚式などのお祝いに用いられる高級食材で、「三重ブランド」の一つ。「のし袋」という日本のお祝用封筒に付ける飾りのルーツともなっています。鳥羽・志摩地方はリアス式海岸が発達し、岩礁があわびの好漁場となっていることから、古くから女性の素潜り漁法による「海女漁」が盛んです。漁期は1月から8月までとなっています。また、全国で一箇所だけ神宮に奉納する「のしあわび」を作る神宮司庁所管の「御料鰒調整所」が鳥羽市の国崎にあり、地元の人の手により「のしあわび」が作られ続けています。あわび料理は、焼きあわび、活き造り、酒蒸しなどが代表的で、コリコリとした歯触りを楽しみます。

近隣のスポット

松阪牛

松阪牛

伊勢えび

伊勢えび

伊勢型紙

伊勢型紙

伊賀くみひも

伊賀くみひも

Copyright (C) Central Japan Tourism Association All Rights Reserved.