馬籠宿

宿場町の面影残す文豪のふるさと

馬籠宿

中山道43番目の宿場町が馬籠宿。長野県のおすすめスポットでご紹介している妻籠宿とは峠を挟んで隣にあり、2宿をあわせて観光するのが定番のルートです。馬籠宿は、山の斜面に沿った全長600メートル余りの坂に開けた宿場で、石畳の道の両側に続く家並みが近世の面影を残し、敵の侵入を防いだ枡形も往時のまま残されています。文豪・島崎藤村の生まれ故郷としても有名で、藤村の生家島崎家は、本陣・問屋・庄屋を兼ねた馬籠きっての名家でした。その跡地に建つ藤村記念館では、藤村の年譜や、原稿蔵書など6,000点を展示しています。

アクセス JR中央本線中津川駅下車、恵那交通バスで約30分、終点「馬籠」下車

近隣のスポット

関ヶ原古戦場

養老の滝

関鍛冶伝承館

奥飛騨温泉郷

Copyright (C) Central Japan Tourism Association All Rights Reserved.