静岡おでん

真っ黒なだし汁が個性的で美味

静岡おでん

おでんというのは、練り製品や大根、卵、じゃがいもなどの「おでん種」を出し汁でじっくり煮込み、一つひとつの味わいを楽しむ庶民的な料理です。大正時代(1912~1926年)から伝わるという静岡おでんは、長年にわたり汁を継ぎ足し真っ黒になった出し汁にうまみが凝縮されているのが特徴的。黒はんぺん、さつま揚げ、昆布などさまざまな具を串刺しにして煮込み、好みで粉状の削り節や青海苔をかけていただきます。葵区中心市街地には、おでん屋さんが軒を連ねた「青葉横丁」や「青葉おでん街」があり、おでん屋巡りが楽しめます。

近隣のスポット

すし

すし

桜えび

桜えび

地酒

地酒

安倍川餅

安倍川餅

Copyright (C) Central Japan Tourism Association All Rights Reserved.